保健師の求人・転職│治験の分野でも保健師が活躍しています

保健師 求人 → 保健師の求人│治験コーディネーターという働き方

保健師の求人│治験コーディネーターという働き方

保健師の仕事のひとつに治験の仕事があります。新しい薬が開発される際に、効果があるかの確認はマウスに投与して確認が行われていますが、最終的な確認はやはり人に服用してもらって効果があるかどうか、副作用がないかを確認します。
保健師が転職する際のメリット・デメリット

そうした新薬の安全性や効果の調査をする事を治験と言います。治験で最終的なチェックがされて大丈夫であると国が判断し、許可を出すと正式に薬として市場に出る事になります。治験のために薬の効果を確かめる人はボランティアやアルバイトの方、もしくは患者さんで医師からの説明で了承した方が服用します。

こういった方はやはりまだ安全な薬かどうかが分からないため、不安になる方は多いです。そうした方の不安を軽減するためにカウンセリングなどのサポートが行われますが、こうした時に保健師が仕事をする事ができます。

治験の際にサポート業務を行う方は治験コーディネーターと呼ばれ、保健師の資格を持っている方も、治験コーディネーターとして活動する事になります。看護師、保健師、薬剤師、臨床検査技師のいずれかの資格があれば治験コーディネーターになるのに有利になります。

治験をする方の話を聞き、どういった事に不安を感じるのか、気になる事は何なのかという事を聞きだし、答えられる事は伝える事で解決し、難しい場合は医師や薬剤師と相談をする場合もあります。

そのため、人とのコミュニケーションを通して自分を信頼してもらい、深く話ができる関係を築いていくという、コミュニケーション力が必要になります。保健師の資格を持つ方の中でも、人と接する事が好きな方に向いている仕事と言えるでしょう。

また、治験の結果はデータとしてまとめる事になるため、パソコンでの事務処理もある程度は行えるようにしておいた方が良いです。治験の仕事は時間が決まっており、午前9時から午後6時までで残業も少ない場合が多く、働きやすい仕事とも言えます。保健師は臨床経験もあるため、転職も比較的スムーズにいきやすい職種です。

看護師の夜勤における体調管理

どんな仕事でも自分が体調を崩して休むことにより、他人に迷惑をかけてしまうものです。仕事をしている以上、体調管理が必要なのは誰でも同じですが、看護師の夜勤については特別な対策が必要になります。

看護師に限らず夜間に働かなければならない人はいますし、夜勤の後は十分に休息をとらないと体力が回復しません。とくに看護師ならではの問題を考えてみると、やはり職場が忙しいという人は、気を付けて働かなければなりません。

夜勤が終わってからすぐ帰宅して休めればいいのですが、そのまま残業が続き、それもサービス残業になってしまうとその時間は無料奉仕ということになってしまいます。これでは気持ち的にも報われませんし、やがて不満も募っていくでしょう。

また夜勤や準夜勤のあと日勤が続いたりする場合も疲れがとれにくく、体調を崩しやすくなります。こうした環境ですと、自分の努力だけでは体調を維持できないこともあります。体調を崩して欠勤すると他のスタッフに迷惑をかけますし、かといって疲れが取れず体調が悪いまま働くと、思わぬミスをしてしまうこともあります。

こうした勤務の実態を不満に思っていても、職場にはたらきかけて改善しようとするのは難しいものです。そのため皆不満をかかえながらも、我慢して働き続けることになってしまうのです。あまりに忙しい職場で休息も十分に取れないと感じているなら、転職を考えてみるのも良いと思います。

そこまで厳しい状況でない場合、夜勤の後は自分で工夫して休息をとることで、体力の回復がスムーズに行われます。帰宅してすぐに寝ることができればいいのですが、頭が冴えてしまって眠れないこともあります。なるべく部屋を暗くして眠りにつくなど工夫してみるのも良いと思います。

また人によっては無理して眠らずに、眠くなるまで起きているという方法をとる人もいます。どんな方法でも、自分がスムーズに体力を回復させることができるなら、その人にとってはそれが良い方法なのでしょう。